フリーター就職ガイド|最新情報徹底リサーチ

*

フリーターから正社員就職をするために。

1.まず書類選考突破を目指そう!

 フリーターが正社員として就職を目指すときには、転職希望者としのぎを削ることになります。そこでまず目指さなければならないのが、第一関門である書類選考を突破することです。アルバイトと同じ感覚で、履歴書だけを送ればいいというものではありません。そこには心遣いと戦略が必要なのです。

2.採用担当者の目にとまる応募書類とは?

 応募書類は、あなたと採用担当者が初めて出会う場です。最低限のマナーを持って、書類作成に臨みましょう。

★ここがポイント!
・履歴書は事実を丁寧に正確に書く
・企業にマッチした志望動機を書く
・フリーター時代の職務経歴はきちんと書く
・ブランク期間のことも隠さずに書く

 最近は応募書類をパソコンでつくる人も増えていますが、心象を良くするのは、丁寧に手書きで書かれた履歴書です。誤字脱字がなく、間違ったら修正液などを使わず、頭から書き直すという基本を守りましょう。

3.見落としがちなチェックポイント

 応募書類は、事実がわかりやすく書かれているのが原則です。学校の卒業年度、アルバイト先が変わったときの年月などに不整合がないかどうか、提出前にしっかり確認しましょう。また、就職のための履歴書は、応募動機のコメントが重視されます。同じ履歴書を使いまわすのではなく、応募企業ごとに用意します。その際、求人内容や企業理念などと、自分の志望動機がマッチするように、きちんと考えて書きましょう。

 職務経歴書と聞くと、正社員としての職歴だけと思われがちですが、アルバイトやパート、派遣であっても、仕事の経験があれば職歴です。どんな職務について、具体的に何を担当したのか、きちんと明記するようにしましょう。そして、履歴書にブランク期間があっても、正直にそのことを記入してください。体調の問題や資格取得など、明確な理由がある場合にはその旨を、仕事が決まらずにできてしまったものであれば、その間に何を考え、就職活動にどう活かされたかを、説明するようにしましょう。

誠実さを伝えるために

 応募書類作成の基本は、嘘をつかないことです。あなたの人となりをわかってもらうためにも、誠実に正直に書きましょう。そこに意欲と熱意が感じられれば、書類選考の通過率は必ずアップします!

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
スキルや経験を記入しておくと企業や転職エージェントからのオファーがくる可能性があります。

公開日:
最終更新日:2015/04/07